スタッコフレックスは、新築・リノベーション、下地材を問わず、状況に合わせて施行します。
※写真をクリックすると画像が拡大されます。


目地処理工程(目地部)
1.ベースコート
2.メッシュテープ
3.ベースコート
シーラー処理
4.プライムシール

仕上げ工程
5.スタッコフレックス(下塗り)
6.スタッコフレックス(仕上げ)


目地・壁面処理工程(全面)
1.ベースコート
2.メッシュテープ
3.ベースコート
シーラー処理
4.プライムシール

仕上げ工程
5.スタッコフレックス(下塗り)
6.スタッコフレックス(仕上げ)


シーラー処理
1.プライムシール

仕上げ工程
2.スタッコフレックス(下塗り)
3.スタッコフレックス(仕上げ)


目地・壁面処理工程(全面)
1.ベースコート
2.メッシュテープ
3.ベースコート

シーラー処理
4.プライムシール

仕上げ工程
5.スタッコフレックス(下塗り)
6.スタッコフレックス(仕上げ)


施工方法・施工上の注意

1.無塗装サイディング・ALCのボード系下地の場合、目地部のみの処理だと、メッシュテープの厚み分(0.数㎜)が陽の当たる角度によって影が見える場合があります。限りなくその影の発生を抑えたい場合は、工程3のベースコートを全面塗ります。

2.リノベーションの場合、下地の状況(劣化度合いや旧塗膜の状況)によって、工程や使用材料が異なる場合がありますので、検討段階に当社にご確認ください。
ページの先頭へ戻る